院内通信

2016.05.23更新

先週の19日(木)の午前の診療を休ませていただいて、名古屋で開催された日本耳鼻咽喉科学会総会に出席してきました。我々耳鼻咽喉科医の集まる学会で最大規模を誇り日本全国から多くの方が参加されています。午後からの診療があるため午前中だけ出席させていただきましたが、新しくはじめられた制度について学んだり、診療で役に立つ他科の知識を習得したり、最新の医療機器の紹介など勉強させていただきました。もう少し時間をいただいて学会に参加したかったのですが、これ以上は患者様にご迷惑をおかけするので、時間ギリギリで新幹線に乗って帰ってきました。今後もなるべく皆さんにご迷惑をおかけしないよう勉強に行かせてもらい、日々の診療で皆さんにお返しできればいいなぁと思っています。

 

松田耳鼻咽喉科(大阪市鶴見区)

院長

投稿者: 医療法人松田耳鼻咽喉科

2016.05.13更新

最近鼻水・鼻づまりの子供さんが多く来られています。昼間と朝・夜との寒暖差で鼻水が出やすくなる時期ですが、中でも1~2歳くらいのほとんどは最近保育園に行き始めたばかりのお子さんです。まだ免疫力が十分でないので、初めての環境に馴れないうちに風邪をひいてしまうのかもしれません。幼児は鼻をかむことが苦手ということもあり、何週間も鼻水が続くため受診される方が多くおられます。このような場合注意しなければならないのは中耳炎になっていないかということです。中耳炎と言えば痛みや耳だれ(耳漏)と思いがちですが、このような症状が出てこない滲出性中耳炎もあるので受診されてみることをお勧めします。当院では鼻をかめない子供たちに効果がある鼻洗浄を行っています。吸引するだけに比べ症状がすぐにとれ治療期間も短縮されます。もちろん、大人にも有効です。お母さん・お父さんも鼻かぜの時はぜひ受診して鼻を洗ってみてください。

 

松田耳鼻咽喉科(大阪市鶴見区)

院長

投稿者: 医療法人松田耳鼻咽喉科

2016.05.11更新

5月になると学校や幼稚園での耳鼻科健診が行われるようになります。私は小学校を3校担当しています。1年生から6年生まで全生徒の健診ですので1校だけでも数日に分けて、昼の診療休憩時間を利用して健診させてもらってます。入学したばかりで緊張気味の1年生はまだ小さくてかわいいですし、6年生にもなるとしっかりした雰囲気が感じられます。各学年で身長がかなり違うので、1年生の時は1年生が使う小さな椅子で、6年生が健診の時は先生が座る大人の椅子に座るなどして高さを変えて工夫しています。耳鼻科健診で病気やその疑いが見つかった場合は、学校から渡された用紙を持って受診してください。少なくともプール授業が始まるまでには受診しましょう。

 

松田耳鼻咽喉科(大阪市鶴見区)

院長

投稿者: 医療法人松田耳鼻咽喉科

  • オフィシャルサイト
  • 院内通信
  • 当院が紹介されました!
tel:06-6962-6233